2022.3.18

数ある海外の仮想通貨取引所の中でも、日本語に対応しており国内のトレーダーにも大人気の取引所「Bybit(バイビット)」

国内では取り扱いのないアルトコインの取り扱いも豊富なため、特定の銘柄の取引を行うためにBybit(バイビット)取引所に口座を開設している、という投資家も少なくありません。


当ブログでは、過去の記事でBybit(バイビット)取引所の登録方法や、入金からアルトコインの購入までの流れについて解説しています。


上記の記事を参考にすれば、Bybit(バイビット)取引所で好きな銘柄の通貨を購入することが可能です。


一方で、投資は、いつかは利益確定を行うもの。

そこで、今回の記事では利確時に行うことが多い、Bybit(バイビット)取引所で購入したアルトコインをビットコイン(BTC)に交換する取引を、メタヒーロー(HERO)という、世界最大手の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」未上場メタバース銘柄を例にスマートフォンのアプリ画面を使ってご紹介します。


具体的には、

取引全体の流れ
取引の操作方法
まとめ

この順番でご紹介していきたいと思います。


5分くらいで読める内容になっていますし、読めば利確のタイミングでで慌てることなく取引出来るようになりますので、ぜひご一読を。


取引全体の流れ

今回の記事では、Bybit(バイビット)取引所内にすでにメタヒーロー(HERO)を保有している状態を想定しています。

この想定をスタートラインとしたときに、これから行うビットコイン(BTC)へ交換する取引は、下記の2ステップで実施可能です。

【STEP 1】メタヒーロー(HERO)をテザー(USDT)に交換する

【STEP 2】テザー(USDT)をビットコイン(BTC)に交換する

基本的には、冒頭でご紹介した過去の記事で解説しているメタヒーロー(HERO)購入逆の流れです。


取引の操作方法

それでは早速、取引の操作方法をご紹介します。

Bybit(バイビット)取引所アプリのトップ画面からスタートします。


【STEP 1】メタヒーロー(HERO)をテザー(USDT)に交換する

それでは、まずはメタヒーロー(HERO)を売却してテザー(USDT)を入手するステップです。

下記の要領に従って、操作を進めていきましょう。



これで、テザー(USDT)への交換は完了です。


【STEP 2】テザー(USDT)をビットコイン(BTC)に交換する

次にテザー(USDT)を使って、ビットコイン(BTC)を購入します。



お疲れさまでした。

これで、ビットコイン(BTC)への交換は終了です。


まとめ

今回はBybit(バイビット)取引所アプリを使って、アルトコインをビットコイン(BTC)に交換する方法を、メタバース銘柄の一つであるメタヒーロー(HERO)を例にご紹介しました。

今回の取引で中継的な役割を果たした>テザー(USDT)は、法定通貨の価格と価値が連動するように調整されているステーブルコインの一種で、米ドルと価格が連動しています。


そのため、仮想通貨の市場が大きく下落したとき、一時的に資産をテザー(USDT)で保有しておくことで、資産価値下落リスクを回避することも可能ですから、【STEP 1】の方法だけでも覚えておくと、いざというときに役立ちます。


仮想通貨は、現時点で価格変動が大きい投資対象ですから、利確のタイミングがいきなり訪れる可能性もあります。

この記事でお伝えした方法を今すぐ覚える必要はありませんが、記事の存在はしっかり覚えておいて、実際に取引を行うタイミングで活用できるようにしておきましょう。


LINK公式LINEのご案内

LINKでは、定期的に仮想通貨、スマホ、その他お得情報を公式LINEで発信しています。

公式LINE限定で発信している情報もありますので、興味を持っていただけた方は、ぜひご登録を!


LINE友達追加はこちら

あわせて読みたい記事