2022.7.13 2022.8.2

【2022年9月27日までの期間限定】

今回の記事では、誰でも世界一周に行けるお得な方法についてご紹介します。

期間限定でできる方法ですので、まずはご一読ください。

【結論】誰でも世界一周に行く方法とは
そもそもマイルとは
マイルの力
特典の獲得条件
獲得条件の達成方法
まとめ


この順番にご紹介します。


【結論】誰でも世界一周に行く方法とは

結論からお伝えすると、世界一周に行く方法は、「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの期間限定新規入会キャンペーン特典を使う」という方法です。


アメリカン・エキスプレス(AMEX)が発行している上記のクレジットカードでは、現在、2022年7月1日〜9月27日の期間に新規入会申し込みを行い、所定の利用条件を達成した新規会員に、特典マイルを付与するキャンペーンが開催されています。

このキャンペーン特典としてもらえるマイル数は、なんと過去最大132,000マイル!!!


今回の記事のタイトルにもある世界一周をする場合は「世界一周特典航空券」という航空券を購入するのですが、このチケットは100,000マイル〜手配することができます。

※必要マイル数は、距離によって異なります。

今回のカード入会特典を獲得すれば、世界一周をしてもまだお釣りがきます


「私は旅行には行かないから・・・」

と、思われた方も、ご安心ください!

132,000マイルの使い道は幅広く、金券やギフトカード、各種ポイントにも交換可能です。

大量マイルがもらえる今回のキャンペーンは、旅行に行けない事情のある方にもおすすめです。


そもそもマイルとは?

132,000マイルの凄さにピンとこない方も多いと思いますので、まずはマイルの基本をご紹介します。

そもそもマイルというのは「航空会社のポイントです。


楽天には楽天ポイント、イオンにはWAONポイントがあるように、航空会社にもポイントがあります。

航空会社のポイントは「マイル」という言葉で表現されることが多く、今回獲得できるポイントも、ANAのポイント「ANAマイル」です。


マイルは主に飛行機に乗ることで貯めることができますが、今回ご紹介するような航空会社のクレジットカードを利用して貯めることも可能です。


そして貯めたマイルは、主に下記で利用することができます。

・飛行機のチケット(特典航空券)と交換

・座席のアップグレード

・商品や金券、他のポイント等への交換

・お買い物の支払

など


旅行関連への活用はもちろん、電子マネー等にも幅広く交換できるのが嬉しいポイントです。


マイルの使いみちは、下記の公式ページからも確認することができますので、ぜひチェックしてみましょう。


マイルの力

マイル最大の特徴は、1マイルの価値にあります。

通常よくあるポイントは「1ポイント=1円」の価値です。

一方マイルは「1マイル≧1円」の価値があります。


例①国内旅行

例えば、国内の空路で人気の旅行先である沖縄へ、マイルで航空券を手配した場合の例が下記です。

画像の通り、ここでもマイルの価値は1マイル3円以上です。

現金で乗ると高額なチケットも、マイルで手配すればこんなにお得になります。

※例にはレギュラーシーズンのマイル数を記載しています。


例②海外旅行

次に海外旅行についても例をご紹介します。

海外旅行では、マイルの価値は更に上がります。

航空券の料金が高ければ高いほど、マイルの価値はさらに上がります。

例としてご紹介したロンドンでは、1マイル7円以上の価値になります。

※例にはレギュラーシーズンのマイル数を記載しています。


このように、マイルを特典航空券に交換すると、マイルの価値を最大限にして利用することができます。


132,000マイルでこんなに旅行に行ける

132,000マイルあれば、こんなにたくさんの旅行に行くことができます。

132,000マイル分の航空券を現金で手配するとなると、100万円以上になることも。


つまり、今回のキャンペーン特典は100万円にも匹敵するとも言えます。

過去に類を見ないこの特別なキャンペーン、ぜひ活用しましょう。


特典の獲得条件

マイルの基本と有用性についてお話したところで、実際に特典を獲得するためにはどうすればよいのかについてご説明します。


132,000マイルを獲得するためには、申込みをしてカードが届いてから4ヶ月以内に150万円以上の決済をする必要があります。

シンプルな方法である一方で、4ヶ月間に150万円もお買い物をするのは、かなりハードルが高いと感じる方がほとんどだと思います。


一見達成が難しい条件ですが、ある方法を実践するだけで、この150万円の費用を限りなく低コストで行うことが可能です。

どなたも簡単にできる方法ですので、ぜひ挑戦してみましょう。


獲得条件の達成方法

結論からお話しすると、4ヶ月150万円の費用を最小限に抑える方法は「iPhone転売」です。

Appleの公式ショップ家電量販店等でiPhoneを定価で購入し、買取業者に売却することで150万円の費用を最小限まで抑えることができます。


ここで重要なのが、2022年8月現在、円安の影響でiPhoneのいくつかの機種は、定価に近い価格で買い取ってもらうことができますので、これを利用して150万円分の決済を達成します。


通常、iPhone転売を行う目的は売買差益を得ることですが、今回の目的は「決済実績を作ること」です。

決済実績を積むことさえできれば、利益が出なくても問題ないため、ハードルが下がります。


ちなみに132,000マイル獲得にかかる費用は、

カード年会費34,100円

・売買にかかる諸経費6万〜7万円程度


上記の合計で10万円程度を想定しておきましょう。

100万円相当にもなりえる価値のマイルを10万円程度の経費で得られるのですから、信じられないくらいお得な方法です。

難しい手順もありません。


次項で、さらに詳細な手順をご紹介しますので、手順を確認してみながら行動に移してみましょう。


実際の手順

それでは、いよいよ実際の手順をご紹介します。


全体の流れ

今回行う作業の全体の流れは、下記の通りです。

【STEP 1】紹介リンクからカードを新規入会申込する

【STEP 2】コールセンターへ連絡して必要事項を確認する

【STEP 3】カードをAMEXの会員ページに(追加)登録する

【STEP 4】期日までに150万円を決済する

【STEP 5】特典ポイント付与を確認

【STEP 6】AMEXポイントをマイルに移行する

【STEP 7】次回年会費引き落としまでにカードを解約する


次からステップごとに手順を紹介します。


【STEP 1】紹介リンクからカードを新規入会申込する

132,000マイル相当の特典ポイントが貰えるのは、期間限定の紹介プログラムです。

普通の申し込みでは対象になりませんので、ご注意ください。


ご家族やお友達から紹介をしてもらってもOKですが、特に紹介者がいない場合は、こちらの紹介リンクをお使いください。

申し込み後、10日程度でカードが自宅まで届きますので、気長に待ちましょう。


【STEP 2】コールセンターへ連絡して必要事項を確認する

カードが届いたら、カード裏面に記載されているコールセンターの番号に電話をかけて、下記の内容について、確認をとりましょう。



確認点4については

「直近でiPhoneを2台(自分用と家族用)購入する予定なのですが、30万円ぐらいの高額決済なので、決済時にセキュリティがかからないようにしてください」

と事前に伝えると良いですよ。


上記の内容は、ポイント獲得条件を確実に達成する上でどれも重要な情報です。

しっかり確認、把握しておきましょう。


ちなみに、コールセンターで確認した結果、万が一キャンペーン適応外だった場合は、その場でカードの解約を依頼すれば、年会費がかからず解約できますので、ご安心ください。


【STEP 3】カードをAMEXの会員ページに(追加)登録する

届いたカードは、AMEXの会員専用サイトに登録すると、支払額やポイントの獲得状況等の情報を確認することができます。

アプリもありますので、スマホからの作業は多い方はアプリを利用するのもお薦めです。


15桁のカード番号と、カード表面右側に記載された4桁のセキュリティ番号を入力すれば、簡単に登録できます。


また、支払額やポイントの獲得状況等の情報確認は、コールセンターに電話をかけて確認することも可能です。

登録が面倒という方は、コールセンターを都度活用することで、このSTEP 3は割愛可能です。

登録をしておきたい方は、下記からwebサイトにアクセスまたはアプリをダウンロードして、登録作業を進めましょう。


【STEP 4】期日までに150万円を決済する

いよいよ、今回のハイライトです。

iPhone転売で4ヶ月間で150万円分の決済実績を積みましょう。

【STEP 4】はさらに以下の手順に細分化してご説明します。


【STEP 4-1】購入機種を選定する

【STEP 4-2】iPhoneを定価で購入する

【STEP 4-3】買取業者を選定する

【STEP 4-4】買取業者に売却する


ご自身の消費で決済額をクリアする方以外は、ぜひ今回ご紹介の方法を活用してお得にマイルをゲットしましょう。


【STEP 4-1】購入機種を選定する

ご存知の通り、iPhoneにも様々な機種があります。

たくさんの種類の中から転売用に購入する機種を、買取価格比較サイト「じゅうびぇ」で選定します。

下記のリンクからもアクセス可能ですが、Googleの検索ウィンドゥで「じゅうびぇ」と検索すると、一番上に表示されるサイトです。



サイトにアクセスしたら下記の順番に操作すると、iPhoneの機種が買取率(買取価格/定価)が高い順に表示されます。

その中で95%以上の機種を買取対象にするのがお薦めです。


買取率(買取額)は随時変動しますので、機種購入後はなるべく速やかに作業を進めていきましょう。


【STEP 4-2】iPhoneを定価で購入する

購入する機種が決まったら、iPhoneを定価で購入していきましょう。

Apple公式ストアで購入してもいいですし、定価の在庫があれば家電量販店等で購入しても問題ありません。

主な家電量販店

■ヨドバシカメラ

■ヤマダ電機

■コジマ電機

■ビックカメラ など


今回の記事では、多くの方が共通で実践できる方法である「Apple公式オンラインストア」での購入方法を、iPhone13Pro 128GBのモデルの購入を例にご紹介します。



ちなみに、Apple公式のオンラインストアで購入する場合は、1度の注文で2台まで購入でき、商品出荷のお知らせが届いてから、新しいiPhoneを注文することが可能です。


また、iPhoneは2022年8月現在、届くまで数日(早ければ即日発送)の期間を要しています。

可能な限り多くの台数を購入できるように、出荷連絡を受けたら、なるべく間隔を開けず速やかに購入していきましょう。



また購入後、請求書PDFが添付されたメールが届きます。

買取業者によっては、シリアル番号の確認を目的に、この請求書の提示を求められる場合がありますので、メールは削除せずに請求書は保管しておきましょう。

請求書がなくても満額買取で対応してくれる業者も多いですが、売却作業をスムーズに進めるためにも、できる準備は整えておきましょう。


【iPhoneを安く購入する裏技】

Apple公式ストアで値引きはありませんが、「楽天リーベイツ」という楽天グループが運営するポイントサイトを経由して、Apple公式サイトで商品を購入すると、購入額に応じてポイント還元を受けることができます。

※ポイント還元率は変動します。

※一部除外商品があります。


※購入制限がある場合があります。

楽天リーベイツを経由してApple公式サイトにアクセスするだけで、簡単にポイント還元を受けることができますので、積極的に活用しましょう。

楽天リーベイツのアカウント作成はこちらから


ちなみに、楽天リーベイツのようなポイントサイトは他にも存在します。

楽天リーベイツと同じく、ポイント還元率が変動したり、購入制限が設けられている場合がありますが、楽天リーベイツの購入制限以上で買い物をする場合は、下記のような他のポイントサイトも活用するのもおすすめです。


■ANAマイレージモール

購入額に応じてANAマイルがもらえます。

>ANAマイレージモールはこちら<<

■LINEショッピング

購入額に応じてLINEポイントがもらえます。

>LINEショッピングはこちら<<


【STEP 4-3】買取業者を選定する

無事に転売用のiPhoneを購入できたら、買取を依頼する業者を選定します。

ここでも「じゅうびぇ」が活躍します。

下記の要領に従って、できるだけ高値で買い取ってくれる業者さんを選定しましょう。


繰り返しになりますが、買取率(買取額)は随時変動します。

また、じゅうびぇの表示価格は、店舗の買取価格をリアルタイムで反映していません

正確は買取価格は、各業者のHPまたは電話連絡で確認しましょう。


売却する業者が決まったら、電話連絡を入れて買取価格保証をしてもらうことをおすすめします。

買取価格保証は、価格の確認から売却までにかかる一定期間、買取価格を保証してくれるものです。


価格保証期間はあくまでも価格を確認してから、速やかに来店または発送する間を保証してくれる制度のため、各業者で異なるものの、翌日の指定時間までの場合がほとんどです。

買取業者で価格保証を依頼したら、指定の期間内に確実に来店または発送する必要がありますので、ご注意ください。

期限をすぎると、価格保証はなくなり、買取額はその時の最新の買取価格が採用されます。


ちなみに、当ブログが現在までの検証結果をもとに厳選した、おすすめの買取業者は下記の3店舗です。

■ドラゴンモバイル

■モバイルミックス

■トゥインクルモバイル


※各店舗で随時買取価格は変動しますので、あくまで参考です。


特に西日本在住の方は、モバイル一番がおすすめです。

店舗が大阪にあるため、郵送買取の際、発送から到着までの時間が短時間で済み、価格保証期間内にiPhoneを届けることが可能です。


【STEP 4-4】買取業者に売却する

買取業者を選定できたら、実際に来店または郵送でiPhoneを売却しましょう。

細かい買取ルールは各社で異なりますので、HPまたは直接電話をかけて、下記の点を事前に確認しましょう。


※郵送の場合

各業者のHPに「郵送買取」について記載されていますので、そこから確認ができます。


・最終買取価格の確認

・買取価格予約

・発送期限(到着期限)

・必要書類

・梱包方法

・その他気をつけること

上記の点で認識の相違があると、トラブルのもとになります。

スムーズにiPhoneを売却するためにも、店舗ルールをしっかり守って作業を進めましょう。


また、箱に汚れや傷がつくと、買取金額の大幅な減額につながる場合があります。

直接来店で購入する場合は、店舗まで丁寧に運び、郵送で売却する場合は、配送中に箱に汚れや傷がつかないように丁寧に梱包の上、同封書類に不備のないように発送しましょう。


無事に買取が終了すれば、直接来店の場合はその場で現金を受け取り、郵送の場合は指定した口座に買取額が振り込まれます

これで一連の流れは終了です。


あとは、150万円決済までSTEP 4-1からSTEP 4-4を繰り返して行うだけでOKです。


【STEP 5】特典ポイント付与を確認

無事に期限内に150万円の決済を達成したら、特典ポイントの付与を確認しましょう。

特典ポイントは、AMEX(アメックス)ポイントで付与されます。

獲得ポイント数は、オンライン・サービス、アプリ、または毎月のカード利用明細書で、ポイント加算履歴は下記から確認できます。

もちろん、コールセンターでも確認可能です。



【STEP 6】AMEXポイントをマイルに移行する

AMEXポイントのままでは、カードを解約するとポイントが消滅してしまうので、カードの解約前までにマイルに交換します。

下記の公式ページに交換方法の詳細が記載されています。


上記のサイトに記載されていますが、マイル交換を始めて行う方は、はじめはメンバーシップ・リワード ANAコースへの登録が必要になります。

サイトの上から順番に読み進めて手続きを進めていきましょう。


こちらも、アメックスのコールセンターでも5分でお手続き可能です。


【STEP 7】次回年会費引き落としまでにカードを解約する

マイル移行が終了して、AMEXポイントが「0」になったら、あとはカードを解約しましょう。

解約しないまま1年が経ってしまうと、次年会費の34,100円がかかってしまいますので、ご注意ください。


ちなみにAMEXポイントは、カードを解約しない限りは永久不滅ですが、マイルは有効期間が3年間です。

なるべくマイルの有効期限を先送りにしたいという方は、特典付与確認後、まずはAMEXポイントのまま置いておき、年会費発生日近くにマイル移行と解約を一気に行うのも有効です。

その際は、くれぐれも年会費発生日前までに確実に解約まで完了させる事を忘れないように注意が必要です。


解約まで完了したら、これでついに全作業終了です。

ANAAMEXカードは解約して、手元にはANAマイルが132,000マイル残っている状況です。

これで日程さえ確保できれば、いつでも世界一周に出発できます。


まとめ

今回の記事では、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの期間限定新規入会キャンペーン特典を最小限の経費(100,000円程度)で獲得して、132,000マイルを手に入れる方法をお伝えしました。

1マイルは1円以上の価値があります。

獲得した132,000マイルを交換レートが高い航空券に交換すると、100万円相当に匹敵します。

もちろん、電子マネー等に交換しても132,000円以上の価値になります。


今回ご紹介の方法では、10万円程度の費用で100万円以上の価値にもなリうる132,000マイルを獲得できる、とてもお得な方法です。

行動さえ起こせば、どなたでも達成できます。


キャンペーンへの申込みは2022年9月27日までの期間限定です。

もしも自分自身がキャンペーン対象外でも、2親等までの親族ならマイルを共通できますので、ぜひご家族分も含めて過去未入会の方がいらっしゃいましたら、検討がお薦めです。

この機会を逃さず、大きな利益を手にしましょう。


LINK公式LINEのご案内

LINKでは、定期的に仮想通貨、スマホ、その他お得情報を公式LINEで発信しています。

公式LINE限定で発信している情報もありますので、興味を持っていただけた方は、ぜひご登録を!


LINE友達追加はこちら

あわせて読みたい記事