2020.4.7 2021.2.25

海外の暗号資産取引書に問い合わせする場合はGoogle翻訳を使って英文を作成することが多いと思われます。

今回お伝えする内容は翻訳精度がGoogle翻訳よりも優秀と言われている「DeepL:ディープル」翻訳について解説します。

ディープルについて

Deeplとは

もともとドイツで開発されたAIの力を言語にということで「たくさんの英語と日本語を機械学習」させることによって、より精度を高めたのがDeepL翻訳となります。

もちろんGoogle翻訳も機会学習を行っていますが、DeepL翻訳の方がより自然に英語翻訳してくれる精度が高いようです。

また、関西弁や博多弁などの方言も翻訳できるようで話題となっています。

操作方法

DeepL翻訳は以下リンクからアクセスできます。

ブックマークしておきましょう。

操作性もとてもシンプルで使い勝手が良いです。

まとめ

DeepLはドイツで開発された翻訳ツール
翻訳の機械学習はGoogleよりも優秀
操作がとてもシンプル

以上、DeepLについて解説。

あわせて読みたい記事