2022.5.13

今回の記事では、日本語完全対応で人気のある、海外の仮想通貨取引所「Bybit(バイビット)取引所」で仮想通貨のステーキングを行う方法をご紹介します。


ステーキングとは
ステーキングの手順
まとめ

この順番にご紹介します。


バイビットは、取引可能な通貨も豊富で海外取引所のなかでも使いやすさに定評のある取引所です。

まだ登録していないという方は、まずはこちらから登録してみましょう。

>バイビットの登録はこちら<<


ステーキングとは

ステーキングとは、特定の仮想通貨を一定期間保持することで、仮想通貨を得ることができるという仕組みです。


銀行で一定期間お金を預けておくと利子がもらえる預金と似たイメージですが、ステーキングは、定期預金よりも利率が圧倒的に高いという特徴があります。

銀行の普通預金の年利は、わずか0.001%程度ですが、仮想通貨のステーキングの場合は、国内の仮想通貨取引所では約5%前後、海外の取引所ではさらに倍以上の金利を受け取れることもあります。

取引所ごとにステーキングの対象銘柄預ける期間利率は異なるという点も覚えておきましょう。


通貨の価格変動リスクはあるものの、保有しているだけなので比較的低リスク、かつ難しい知識が必要なく簡単にできるため、初心者にもおすすめな投資方法です。


ステーキングの手順

それでは実際にBybitでステーキングを行う方法をご説明します。


全体の流れ

国内の仮想通貨取引所とバイビットに登録済みの状態を前提すると、ステーキングを行い、終了後に日本円に換金するまでの流れは下記のとおりです。

【STEP 1】

国内取引所でビットコイン購入


【STEP 2】

バイビットにビットコインを送金


【STEP 3】

ビットコインをアルトコインに交換


【STEP 4】

ステーキング


【STEP 5】

資産運用アカウントから現物アカウントに振替


【STEP 6】

アルトコインをビットコインに交換


【STEP 7】

ビットコインを国内取引所へ送金


【STEP 8】

日本円に交換



今回の記事ではbitFlyer(ビットフライヤー)取引所を国内の仮想通貨取引所の例に、そしてポリゴン(MATIC)をステーキング銘柄の例として手順をご説明します。


操作手順

それでは、各ステップの操作を紹介します。

ステーキングに挑戦する方は、一緒に薦めていきましょう。


【STEP 1】国内取引所でビットコイン購入

まずは、ビットフライヤー(お使いの国内の仮想通貨取引所)でビットコインを購入しましょう。


これで軍資金を国内で準備することができました。


【STEP 2】バイビットにビットコインを送金

次にビットコインをバイビットに送金します。


ちなみに、送金にかかる時間はネットワークの混雑状況に大きく左右され、数分〜数日程度を要します。

焦らずに送金完了まで待機しましょう。


【STEP 3】ビットコインをアルトコインに交換

ビットコインが無事にバイビットに入金されたら、ステーキングを行う対象銘柄に交換します。


これでステーキングを行う銘柄が用意できました。


ちなみに、今回ステーキングを行うポリゴン(MATIC)は、ビットコイン(BTC)と直接交換可能ですが、銘柄の中にはテザー(USDT)経由での交換が必要な銘柄もあります。

そのような銘柄をステーキングしたい場合は、下記の記事が参考になります。


【STEP 4】ステーキング

いよいよステーキングを開始します。

ステーキングを開始するためには、バイビット内で資金を資産運用アカウントに移す必要があります。

移行できていないとステーキングができませんので、以下の要領に従って作業を進めていきましょう。


おめでとうございます。

これでステーキングが開始されました。

あとはステーキング満了のときを待つのみです。


【STEP 5】資産運用アカウントから現物アカウントに振替

ステーキングが終了すると、通貨は資産運用アカウントに入ります。

資産アカウントに入ったままでは取引ができないので、まずは現物アカウントに資産の振替を行いましょう。


振替の操作はいつでも行えるので、ステーキングを終えた後も通貨をそのまま保有する場合は、すぐに実施する必要はありません。

一方で、現物アカウントに資産をまとめたほうが一見して資産を確認しやすいため、資産管理がしやすくなるメリットがあり、おすすめです。


【STEP 6】アルトコインをビットコインに交換

ステーキングの期間が無事に満了して、自分の手元に仮想通貨が戻ってきたら、必要に応じて利益確定しましょう。


利益確定の手順は、STEP 1〜4の操作を逆流するように進んでいきます。

まずはステーキング銘柄をビットコインに交換します。


ステーキングで得た利益で再投資したい人は、交換して得たビットコインを更に別の通貨に交換しても問題ありません。


【STEP 7】ビットコインを国内取引所へ送金

ビットコインに交換できたら、ビットフライヤー(国内の仮想通貨取引所)に送金します。


STEP 2と逆で、今度はビットフライヤー(国内の仮想通貨取引所)のビットコインアドレスを取得して、送金します。


【STEP 8】日本円に交換

最後にビットコインを日本円に換金します。


お疲れさまでした。

これで利益確定までの全行程が終了です。

日本円にすることで、利益額がはっきりとわかります。


まとめ

今回の記事では、日本語完全対応で人気のある、海外の仮想通貨取引所「Bybit(バイビット)取引所」で仮想通貨のステーキングを行う方法をご紹介しました。

ステーキングは、期間限定で利率が高くなるキャンペーンが実施される場合もあります。

もちろん長期保有を見据えた銘柄選定は大切ですが、このようなイベントを上手に活用することで、さらに利益を多くすることができます。

比較的低リスクかつ簡単にできますので、興味をもった方は、ぜひステーキングをご検討してみてはいかがでしょうか。


LINK公式LINEのご案内

LINKでは、定期的に仮想通貨、スマホ、その他お得情報を公式LINEで発信しています。

公式LINE限定で発信している情報もありますので、興味を持っていただけた方は、ぜひご登録を!


LINE友達追加はこちら

あわせて読みたい記事