2022.4.15

今回の記事では、今話題のMove to EarnNFTゲームSTEPN(ステップン)の公式トークンであるGSTについて、基本をご紹介します。

GSTとは
GSTの入手方法
まとめ

この順番でご紹介します。



GSTとは

まずは、GSTの基本情報をご紹介します。

GSTは、Green Satoshi Token(グリーンサトシトークン)という通貨で、今話題のMove to EarnのNFTゲーム「ステップン」の公式トークンです。


ステップンでスニーカーNFTを購入して、歩いたり走ったりすることで、運動した距離や時間に応じてGSTを獲得することができます。

獲得したGSTは、基本的にはスニーカーNFTのリペア(修理)やレベルアップに使用することができるほか、USDCやSOLと交換して換金することも可能です。


GSTはソラナネットワークのトークンで総発行枚数は無制限、2021年12月にIEOが行われたばかりの新しいトークンです。


ステップンをプレイする際に獲得できるトークンは、GSTの他にGMTという公式のガバナンストークンがあります。

GSTはガバナンストークンではないので、保有していてもステップンの意思決定方針の決定に関わる権利はありません。

GMTを獲得出来るようになるのはスニーカーNFTのレベルが30以上になってからのため、ステップンをはじめてしばらくはGSTを獲得することになります。



GSTの入手方法

①ステップンでプレイする

GSTはステップンをプレイすることで獲得できます。

ステップンでスニーカーNFTを購入すれば、プレイ開始から稼ぐことが可能です。


ステップンで稼ぐためには、初期費用として10万円前後の費用がかかりますが、初期費用の回収は数ヶ月程度あれば可能です。


②海外の仮想通貨取引所で購入する

実は、GSTは取引所で購入することもできます。

残念ながら国内の取引所では取り扱いが無いため、GSTを購入したい場合は、海外の取引所に口座を開設して購入しましょう。


2022年4月現在、GSTを購入できるおすすめの取引所はBybit(バイビット)取引所です。

引用元:BYBIT公式Twitter

バイビットはアプリ画面も見やすく日本語に完全対応しているので、日本人の投資家に人気の取引所の1つです。


バイビットでGSTを購入する際の、大まかな購入方法は下記の流れです。

国内の仮想通貨取引所でビットコイン(BTC)を購入

②ビットコイン(BTC)をバイビットに送金

③バイビットでビットコイン(BTC)をテザー(USDT)交換

④バイビットでテザー(USDT)をGST交換

参考になる過去の記事を下記に貼り付けておきますので、GSTを購入したい方は必要に応じてご活用ください。


まとめ

今回の記事では、今話題のMove to EarnのNFTゲーム「ステップン」の公式トークンであるGSTについて、基本をご紹介しました。

ステップンは、数か月で世界中に100万人以上のユーザーができて第1四半期(3か月)で33億円以上利益を上げており、今後もさらなる盛り上がりが期待できるNFTゲームです。

余剰資金で初期費用をまかなえるという方は、ぜひPlay to earn体感してみてはいかがでしょうか。

また、NFTゲーム自体に興味はなくても、ゲームの公式トークンであるGSTを保有していれば、価格高騰時に資産を増やせる可能性があります。

ステップンの未来への期待を込めて、投資先の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。


LINK公式LINEのご案内

LINKでは、定期的に仮想通貨、スマホ、その他お得情報を公式LINEで発信しています。

公式LINE限定で発信している情報もありますので、興味を持っていただけた方は、ぜひご登録を!


LINE友達追加はこちら

あわせて読みたい記事