2022.4.14

今回の記事では、今話題のMove to EarnNFTゲームSTEPN(ステップン)の公式トークンであるGMTについて、基本をご紹介します。

GMTとは
GMTの入手方法
まとめ

この順番でご紹介します。



GMTとは

まずは、GMTの基本情報をご紹介します。

GMTは、Green Metaverse Token(グリーンメタバーストークン)という通貨で、今話題のMove to EarnのNFTゲームSTEPN(ステップン)の公式のガバナンストークンです。


ガバナンストークンは、保有していれば、特定のゲームやネットワークの運用や開発の方針意思決定に関われる権利を持つことができる仮想通貨です。

GMTを持てば、ステップの開発運用方針の意思決定の場面で投票権を持つことができます。


GMTはソラナネットワークのトークンで総発行枚数が60億枚と決まっていて、2022年3月にIEOが行われたばかりの新しいトークンです。


GMTの入手方法

①ステップンでスニーカーNFTのレベルを30まで上げる

ステップンで、走ったり歩いたりすると、最初のうちはGSTという公式通貨を獲得出来ますが、スニーカーNFTのレベルが30以上になると、GMTを獲得できるようになります。

とはいえレベルを30まで上げるのには、かなりの時間や資金を要するので、すぐにGMTを手に入れたい人におすすめできる方法ではありません。


②海外の仮想通貨取引所で購入する

実は、GMTは世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)取引所で購入することができます。

2022年4月現在、残念ながら国内の取引所では取り扱いが無いため、GMTを購入したい場合はバイナンスに口座を開設して購入しましょう。

ゲームで獲得するよりも簡単で早いため、万人におすすめできる獲得方法です。


大まかな購入方法は下記の流れです。

国内の仮想通貨取引所でビットコイン(BTC)を購入

②ビットコイン(BTC)をバイナンスに

③バイナンスでビットコイン(BTC)をテザー(USDT)に交換

④バイナンスでテザー(USDT)をGMTに交換


参考になる過去の記事を下記に貼り付けておきますので、GMTを購入したいという方は必要に応じてご活用ください。


まとめ

今回の記事では、今話題のMove to EarnのNFTゲーム「ステップン」の公式トークンであるGMTについて、基本をご紹介しました。

ステップンは、数か月で世界中に100万人以上のユーザーができて第1四半期(3か月)で33億円以上利益を上げており、今後もさらなる盛り上がりが期待できるNFTゲームです。

NFTゲーム自体に興味はなくてもゲームの公式トークンであるGMTを保有していれば、ステップンの人気の高まりに伴うGMTの価格高騰時に資産を増やせる可能性があります。

余剰資金のある方は、投資先の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。


LINK公式LINEのご案内

LINKでは、定期的に仮想通貨、スマホ、その他お得情報を公式LINEで発信しています。

公式LINE限定で発信している情報もありますので、興味を持っていただけた方は、ぜひご登録を!


LINE友達追加はこちら

あわせて読みたい記事