2021.11.3

楽天グループの仮想通貨取引所である楽天ウォレット

楽天ポイント(通常ポイント)で仮想通貨投資ができることから、楽天経済圏の住人の方に大人気の取引所です。


こちらのブログでは、今まで楽天ウォレットについて、

このようなたくさんの操作方法をご紹介してきました。


その中で、

家族や友人など、他の方から仮想通貨を受け取る場合は、どのように対応すればいいの?

というご質問をいただくようになりました。


そこで、今回の記事ではそんなお悩みを解決すべく、楽天ウォレットで仮想通貨を自分以外の誰かから受け取る方法について、ご紹介します。


3分くらいでよめる内容になっていますし、読めば今後仮想通貨を受け取る際に困りませんので、ぜひご一読を!


仮想通貨を受け取る流れ

最初に仮想通貨を受け取る全体の流れをご紹介します。

実は簡単3ステップで出来てしまいます!

【STEP1】

何の銘柄の仮想通貨を受け取るのかを確認する


【STEP2】

該当する仮想通貨銘柄の入庫アドレスを取得する

【STEP3】

仮想通貨を送ってくれる相手に、入庫アドレスを教える

3ステップとはいえ、なんだか難しそう

と、思われた方もご安心ください。


これから各ステップごとにご説明していきますので、ぜひお手元にスマホ画面をご用意いただきながら、一緒に確認してみましょう。


仮想通貨を受け取る方法

それでは、早速ご説明していきます。


【STEP1】何の銘柄の仮想通貨を受け取るのかを確認する

「仮想通貨をおくりますね」


このように言われたとき、まずはどの銘柄を送ってもらうのかを確認しましょう。


ここで注意点なのですが、仮想通貨で銘柄Aを受け取ろうとするとき、ご自身が受け取ろうとしている取引所に銘柄Aの取り扱いがなければいけません

取り扱いがない場合、その仮想通貨はを受け取ることが出来ません


今回の場合ですと、楽天ウォレットで取り扱いのある仮想通貨銘柄は「ビットコイン(BTC」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」の3銘柄のみですから、リップル(XRP)など、他の銘柄を受け取ることが出来ません。


そのため、もしも相手の方が、楽天ウォレットに取り扱いのない銘柄を送ろうとしていた場合、受け取れる銘柄を送るようにお願いするか、ご自身が受け取る取引所を変更するようにしましょう。


【STEP2】該当する仮想通貨銘柄の入庫アドレスを取得する

ここのステップでは、楽天ウォレットアプリを使用します。


仮想通貨には、入庫(入金)アドレスというものが銘柄ごとに存在しています。

このアドレスを教えることで、相手の方は仮想通貨を送ることが可能になります。


これは日本円を受け取るときと似ています。

日本円を振り込んでもらうときも、ご自身の振り込んでほしい銀行の口座情報を相手の方にお伝えしますよね。

これと同じことです。


一方で、注意していただきたいポイントもあります。

それは、この振込先のアドレスが仮想通貨銘柄ごとに異なるという点です。


ですので今回の場合、相手の方からビットコインを送ってもらう場合とイーサリアムをおくってもらう場合とで、事前にお伝えするアドレスが異なります


別の銘柄のアドレスをうっかり教えてしまわないように注意しましょう。

こちらの記事では、楽天ウォレットで取り扱いのある全3銘柄それぞれについて、入庫アドレスの取得方法をご紹介します。


ビットコイン(BTC)の入金アドレスの取得方法

送ってもらう仮想通貨銘柄が、ビットコイン(BTC)の場合は、下記の要領で入女アドレスを取得しましょう。



イーサリアム(ETH)の入金アドレスの取得方法

送ってもらう仮想通貨銘柄が、イーサリアム(ETH)の場合は、下記の要領で入女アドレスを取得しましょう。



ビットコインキャッシュ(BCH)の入金アドレスの取得方法

送ってもらう仮想通貨銘柄が、ビットコインキャッシュ(BCH)の場合は、下記の要領で入女アドレスを取得しましょう。



いかがでしょうか。

これで、メインパートは終わりました。

このままの流れで【STEP 3】まで一気に進めましょう。


【STEP3】仮想通貨を送ってくれる相手に、入庫アドレスを教える

STEP 2でアドレスがコピーできました。

仮想通貨も入庫アドレスは、文字数が長く、アルファベットと数字が混在していて、覚えられるものではありません。


紙に書いてからそれをさらに伝えようとすると、作業工程が増えたことで途中で間違えてしまう可能性が高まります

可能な限り間違えるリスクを減らすために、STEP 2でコピーしたアドレスは、そのままの流れで、LINEやメール本文にすぐにペースト(貼り付け)して、すぐに相手の方に送るようにしましょう。


無事に相手の方に伝えることができれば、あとは届くのを楽しみに待つだけです。

受け取りが完了すれば、楽天ウォレットからメールが届き、入庫履歴としても確認することが出来ます。


以上で、楽天ウォレットで仮想通貨の受け取りは完了です。


まとめ

最近ますます盛り上がりを見せる仮想通貨。

今はまだ少なくても、これからは離れたご家族に、お年玉や仕送りを仮想通貨で気軽にする時代が来るかもしれません。

今のうちに受け取りの方法をしっかり理解しておくことで、仮想通貨で行えることの幅がぐっと広がります。


LINK公式LINEのご案内

LINKでは、定期的に仮想通貨、スマホ、その他お得情報を公式LINEで発信しています。

公式LINE限定で発信している情報もありますので、興味を持っていただけた方は、ぜひご登録を!


LINE友達追加はこちら

あわせて読みたい記事